2012年07月27日

戦争と虐殺

とりとめもなく、感じたことのメモを
近代に起こった事で、受験勉強にも出題頻度が低かったせいか
ベトナム戦争の事を何も知らなかった。

なんとなーくしか知らない。
記事を読み返して
「えっ!あ、そうか、アメリカ負けてんねや」
と再度驚いてしまうくらい知らない。

戦争はホントに意味がわからない。
そもそも、攻めに言ってるアメリカが負ける
っていう意味がわからない。

俺のイメージは占領が負けのイメージ。
侵略されて主要都市を制圧されたら完全に負け。

だからわけがわからない。

そもそも資源も技術もないベトナムと戦争して何が
メリットあるんだ。と。

ざっと調べたら。
冷戦真っただ中で、ベトナムが共産主義になりそうだったから
それを阻止した(ソ連に領地を取られんように守りに行った)ってのが
理由みたいだけど。

まあ、そんなのはどうでもいい。

俺が言いたいのは、カンボジア内戦の事をあまりにも知らなかった
ってことだ。

ポルポトって人物すら知らなかった。

これもざっと調べたが、凄まじい。
共産主義を徹底して行うため、国内で大虐殺をおこなったとか。
知的な者はみんな殺されたんだと。
国内の人工の85%が14歳以下だと。

何がしたかったのかね。
自分だけの国が作りたかったのかな。

もし、ポルポトの理想の国っていうのが
自分が一番。
全て一番。
だから俺より有能なやつはいない。
皆俺に従ってさえいればいい。

って考えで、
実際にそうなったら、

めちゃくちゃ寂しくてめちゃくちゃ不安な思いをして
生きていくことになるだろうな
と思うわけですよ。

正義を掲げて戦争するけど、その正義は悪だといって
国の中で紛争になる。

正義って言葉ほど怪く心踊らされる言葉は無いな。
皆、誰でも自分が正義だと思って生きているはずだ。
(常に悪でいられるほど、強くない)

今日、後輩と外回りをしてたから、ちょっと話をしたんよね。
会社に入って4カ月。きついんだって。
9時出社で6時退社なのにきついんだって。
仕事がないのに、会社にいて給料を貰っちゃう。
何かしようと思うけど、何一つうまくできない。
本気でやっているけど先輩に怒られる。
俺、頭おかしいんじゃないかな。
なにかやってミスったらまた怒られる。
俺はこんなもんじゃない。
お前なんかより凄いはずだ。
でも、今直面している仕事はよくわからない。
聞いたら怒られるかな。聞きにくいな。
よくわかんないけど、これでいいよね?
いいよね?
いいよね?いいってことにしよう。。。
はー・・・。なんとかごまかせた。

みたいな事をずぅーーーーーーっとやってる。
犯罪は犯していないけど逃げているから、心の中でどんどん
罪悪感が溜まっていく。
知らないうちに辛くなる。
やめたくなる。
すごく後ろめたくなる。

人は悪人では生きてけない。
だから自分は悪じゃない証拠が欲しい。
スケープゴートが欲しい。

正義の名のもとに、スケープゴートを丁稚あげるのは、
生来人間に備わっている罪だ。

自分が軸にする機転をなんなのか、しっかり定めないとな。

今日、後輩には「逃げるんじゃない、立ち向かえ」
そんな話をした。
だけどそれは、後輩に向けての言葉じゃなくて、俺自身に再度
言い聞かせた言葉だったんだろうな。

逃げるんじゃない、立ち向かえ!
posted by ナガセ at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。