2012年02月22日

仕事をしたつもり/海老原 嗣生 星海社新書

これも友人に激烈に勧められた本。

7点
だけど内容はあまり覚えていないw

読みやすかった気がする。

ホントおかしな話で、
残業すればするほどいいって風土、なんとかならないのかね。

私の1つ先輩で、仕事ができない人は
毎朝7時30分に出社し、営業に出るため外勤、夜10時に帰ってきて
12時まで残業。

頭おかしいんじゃないのかと、
結果がでてないから頑張っているフリをする。

結局身を入れて仕事していないから実質的な仕事は何もしていない。
責任感がないから何もできない。

頭がおかしい。

男なら自分の仕事に責任もてよ。
ミスをかくすんじゃねーよ。
プライドがちっぽけなんだよ。

せっかく前線にいるんだ、胸張って「我ここに!」と叫んでみろ。

自分で自分を律さなければ、存在できない。
居場所はできない。

それがプライドだ。

我想う故に我在り

ちょっと違うかw
posted by ナガセ at 00:00| Comment(0) | 書物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。