2012年02月14日

ドラッカーと会計の話をしよう/林總 中経出版

昔、一度読むのを止めた本

6点
なんだか、タイトルがもろ「もしドラ」意識で
胡散臭い。

中身は小説形式で書かれている。

まぁ、それなりに読めるけど、簡単に解説すると
・変動費と固定費わかりますか。
・試算表だけで全ては把握できませんよ
・実際の利益はいくらかわかっていますか

と、管理会計の基礎的な話。
決算書は自分の今の経済の中のポイントを知るたった一つの手がかりだ。
闇雲に仕事しても辛いだけやで。

っていう話だな。

暇つぶしにはいいかも。
posted by ナガセ at 00:00| Comment(0) | 書物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。