2011年05月22日

Mahou%20Shoujo%20Madoka%20Magica%20TV%2006%2020110213%20(21).jpg

よくあることさ
悔しいけどね、正しいことだけ積み上げていけばハッピーエンドが手に入るってわけじゃない。
むしろみんながみんな自分の正しさを信じ込んで意固地になるほどに、幸せって遠ざかって行くもんだよ

魔法少女まどか★マギカ 6話


友達がね大変なの
やってることも言ってることもたぶんまちがってなくて
なのに正しいことを頑張ろうとすればするほどどんどんひどいことになっていくの


「よくあることさ」
「悔しいけどね。正しいことだけ積み上げていけばハッピーエンドが手に入るってわけじゃない。」
「むしろみんながみんな自分の正しさを信じ込んで意固地になるほどに、幸せって遠ざかって行くもんだよ」



まちがってないのに、しあわせになれないなんて、ひどいよ。
あたしどうしたらいいんだろ



「そいつばかりは、他人が口を突っ込んでもきれいな解決はつかないね。」
「たとえ綺麗じゃない方法だとしても、解決したいかい?」


「なら間違えればいいさ。」


「正しすぎるその子の分まで誰かが間違えてあげればいい。」

「ずるいウソついたり、怖いものから逃げ出したり。」

「でもそれが、後になってみれば正解だったってわかることがある。」
「本当に他にどうしようもないくらいどん詰まりになったら、いっそ思い切って間違えちゃうのも手なんだよ。」



それがその子の為になるってわかってもらえるかな。



「わかってもらえない時もある。」
「特にすぐにはね。」

「言ったろ、綺麗な解決じゃないって。」
「その子のこと諦めるか、誤解されるかどっちがマシだい?」


〜〜〜〜〜


「大人になるとね、どんどん間違えるのが難しくなっちゃうんだ。」

「背負ったものが増えるほど、下手を打てなくなっていく。」
「それってつらくない?」

「大人は誰だって辛いのさ。」
「だから酒飲んでもいいってことになってんの。」


「辛い分だけ楽しいぞ、大人は。」

【関連する記事】
posted by ナガセ at 02:47| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。